目次フレーム表示

ホストでiSCSI LUNが表示されない場合のトラブルシューティング

ホストでは、iSCSI LUNがローカル ディスクとして表示されます。 ストレージ システムのLUNをホストがディスクとして使用できない場合は、構成設定を確認してください。

構成設定 対策
ケーブル接続 ホストとストレージ システムの間のケーブルが適切に接続されていることを確認します。
ネットワーク接続 ホストとストレージ システムの間にTCP / IP接続が確立されていることを確認します。
  • ストレージ システムのコマンドラインから、iSCSIに使用されているホスト インターフェイスをpingします。
  • ホストのコマンドラインから、iSCSIに使用されているストレージ システム インターフェイスをpingします。
システム要件 各構成コンポーネントが要件を満たしていることを確認します。 ホストOSのサービス パック レベル、イニシエータ バージョン、Data ONTAPバージョンなどのシステム要件を満たしていることも確認してください。 最新のシステム要件は、Interoperability Matrixで確認できます。
ジャンボ フレーム ご使用の構成でジャンボ フレームを使用している場合は、ネットワーク パス(ホストのイーサネットNIC、ストレージ システム、任意のスイッチ)上のすべてのデバイスでジャンボ フレームが有効になっていることを確認してください。
iSCSIサービス ステータス iSCSIサービスがライセンス供与されており、ストレージ システムで開始されていることを確認します。
イニシエータ ログイン イニシエータがストレージ システムにログインしていることを確認します。 ログインしているイニシエータがコマンド出力に表示されない場合は、ホストのイニシエータ設定をチェックします。 イニシエータのターゲットとしてストレージ システムが設定されていることも確認してください。
iSCSIノード名 正しいイニシエータのノード名をigroup設定で使用していることを確認します。 イニシエータのツールおよびコマンドをホストで使用し、イニシエータのノード名を表示します。 igroupおよびホストで設定したイニシエータのノード名は、互いに一致する必要があります。
LUNのマッピング LUNがigroupにマッピングされていることを確認します。 ストレージ システム コンソールで、次のいずれかのコマンドを使用できます。
  • lun mapping show:すべてのLUN、およびLUNがマッピングされているigroupを表示する
  • lun mapping show -igroup:特定のigroupにマッピングされているLUNを表示する
iSCSI LIFの有効化 iSCSI論理インターフェイスが有効になっていることを確認します。