Table of ContentsView in Frames

複数のユーザがターゲットであるクォータの処理

複数のユーザを同じクォータ ターゲットに指定する場合、そのクォータで定義されているクォータ制限が各ユーザに個別に適用されることはありません。この場合、クォータ制限はクォータ ターゲットにリストされているすべてのユーザ間で共有されます。

注: 別々の複数のユーザ クォータを1つのマルチユーザ クォータに結合する場合、クォータのサイズを変更することによって変更をアクティブ化できます。ただし、複数のユーザを含むクォータ ターゲットからユーザを削除する場合、またはすでに複数のユーザを含むターゲットにユーザを追加する場合は、変更を有効にするためにクォータを再初期化する必要があります。

クォータ ターゲットに複数のユーザが含まれる例

次に、クォータ ターゲットに2人のユーザがリストされている例を示します。volume quota policy rule create -vserver vs0 -policy-name quota_policy_0 -volume vol0 -type user -target corp\jsmith,corp\chen -disk-limit 80MB この2人のユーザは、合計で最大80MBのスペースを使用できます。一方のユーザが75MBを使用している場合、もう一方のユーザが使用できるのは5MBだけです。