Table of ContentsView in Frames

FlexCloneファイルまたはFlexClone LUNの作成

volume file clone createコマンドを使用することにより、FlexVolまたはFlexCloneボリュームに存在するファイルやLUNのクローンを、スペースを効率的に使用して短時間で作成できます。

始める前に

このタスクについて

SVM管理者は、クラスタ管理者によって割り当てられた権限に応じて、FlexCloneファイルおよびFlexClone LUNを作成できます。

FlexCloneファイルおよびFlexClone LUNに対して、クローンの作成時と変更時に自動削除設定を指定できます。デフォルトでは、自動削除設定は無効になります。

既存のFlexCloneファイルまたはFlexClone LUNをクローンの作成時に上書きするには、volume file clone createコマンドで-overwrite-destinationパラメータを指定します。

スプリット負荷の最大値に達すると、FlexCloneファイルおよびFlexClone LUNの作成要求の受け入れが一時的に中止され、EBUSYエラー メッセージが表示されます。ノードのスプリット負荷が最大値を下回ると、FlexCloneファイルおよびFlexClone LUNの作成要求の受け入れが再開されます。クローンの作成に必要な容量がノードに確保されてから、次の作成要求を行うようにしてください。

ステップ

  1. volume file clone createコマンドを使用して、FlexCloneファイルまたはFlexClone LUNを作成します。
    次の例は、ボリュームvol1内の親ファイルfile1_sourceから、FlexCloneファイルfile1_cloneを作成する方法を示しています。
    cluster1::> volume file clone create -vserver vs0 -volume vol1 -source-path /file1_source -destination-path /file1_clone
    このコマンドの使用の詳細については、マニュアル ページを参照してください。