Table of ContentsView in Frames

Volume SnapMirrorとデータ圧縮機能との相互運用性

Volume SnapMirrorは物理ブロック レベルで動作するため、ソース ストレージ システムでデータ圧縮を有効に設定した場合、デスティネーション ストレージ システムに複製したときにデータは圧縮されたままとなります。この処理の結果、レプリケーション時に必要なネットワーク帯域幅が大幅に削減されます。

Volume SnapMirrorとデータ圧縮機能を併用する場合は、次のガイドラインに従う必要があります。

Volume SnapMirrorの詳細については、『clustered Data ONTAP データ保護ガイド』を参照してください。