Table of ContentsView in Frames

HAペアと重複排除機能との相互運用性

Data ONTAP 8.1以降では、ボリュームの重複排除処理は、テイクオーバー時にHAペアのいずれかのノードから実行できます。HAペアの各ノードで許可されている同時重複排除処理の最大数は、8です。

ノードの1つに障害が発生すると、その障害ノードで管理されていた重複排除処理を他方のノードがテイクオーバーします。テイクオーバー モードでは、動作しているノードが重複排除処理を継続します。動作しているノードは、障害が発生したノードに属するボリューム上の重複排除処理を開始できます。動作しているノードが、両方のノードに属するボリューム上の重複排除処理を管理している場合でも、同時重複排除処理の最大数は8です。