Table of ContentsView in Frames

デフォルト クォータの機能

デフォルト クォータを使用して、特定のクォータ タイプのすべてのインスタンスにクォータを適用できます。 たとえば、デフォルト ユーザ クォータは、指定したFlexVolまたはqtreeについて、システム上の全ユーザに適用されます。 また、デフォルト クォータを使用すると、クォータを簡単に変更できます。

デフォルト クォータを使用すると、大量のクォータ ターゲットに自動的に制限を適用でき、ターゲットごとに独立したクォータを作成する必要はありません。たとえば、ほとんどのユーザの使用ディスク スペースを10GBに制限する場合、ユーザごとにクォータを作成する代わりに、10GBのディスク スペースのデフォルト ユーザ クォータを指定できます。特定のユーザに異なる制限値を適用する場合には、それらのユーザに対して明示的クォータを作成できます (特定のターゲットまたはターゲット リストを指定した明示的クォータは、デフォルト クォータよりも優先されます)。

また、デフォルト クォータを使用すると、クォータの変更を有効にする必要がある場合に、再初期化ではなくサイズ変更を利用できます。たとえば、すでにデフォルト ユーザ クォータが設定されているボリュームに明示的ユーザ クォータを追加すると、新しいクォータをサイズ変更によって有効化できます。

デフォルト クォータは、3種類のクォータ ターゲット(ユーザ、グループ、およびqtree)のすべてに適用できます。

デフォルト クォータには、必ずしも制限を指定する必要はありません。デフォルト クォータは追跡クォータにもなります。

クォータは、コンテキストに応じて、空の文字列("")またはアスタリスク(*)であるターゲットによって示されます。

デフォルト ユーザ クォータの例

次のコマンドでは、vol1で各ユーザに50MBの制限を適用するデフォルト ユーザ クォータが作成されます。

volume quota policy rule create -vserver vs1 -policy-name quota_policy_vs1_1 -volume vol1 -type user -target "" -disk-limit 50MB -qtree ""

volume quota policy rule showコマンドでは、次の出力が表示されます。

Vserver: vs1               Policy: quota_policy_vs1_1  Volume:
                                                               vol1
  
                                                 Soft             Soft
                           User         Disk     Disk   Files    Files
  Type   Target    Qtree   Mapping     Limit    Limit   Limit    Limit  Threshold
  -----  --------  ------- -------  --------  -------  ------  -------  ---------
  user   ""        ""      off          50MB        -       -        -          -

システム上のユーザが、実行するとvol1内に占めるそのユーザのデータが50MBを超えるような操作を実行した場合(エディタからのファイルへの書き込みなど)、そのコマンドは失敗します。