Table of ContentsView in Frames

Flash Poolアグリゲート内のボリュームでのキャッシング ポリシーの使用

volume createコマンドで-caching-policyパラメータを使用して、Flash Poolアグリゲートにあるボリュームのキャッシング ポリシーを変更できます。Flash Poolアグリゲート上にボリュームを作成すると、デフォルトでは、autoキャッシング ポリシーがそのボリュームに割り当てられます。

ほとんどの場合は、デフォルトのキャッシング ポリシーが推奨されます。ボリュームのキャッシング ポリシーを変更する必要があるのは、別のポリシーを使用したほうがパフォーマンスが向上する場合のみです。

ボリュームのキャッシング ポリシーは、Flash Poolアグリゲート上にボリュームを作成する場合に設定できます。volume modifyコマンドを使用すると、キャッシング ポリシーを変更できます。Flash Poolアグリゲートと非Flash Poolアグリゲート間でキャッシング ポリシーを移動することもできます。

次の表は、キャッシング ポリシー、その説明、およびボリュームの使用状況に基づいて設定できる読み取りキャッシング ポリシーと書き込みキャッシング ポリシーの組み合わせの一覧です。
ポリシー名 説明 読み取りキャッシング ポリシー 書き込みキャッシング ポリシー 権限
auto すべてのメタデータ ブロックとランダム リードのユーザ データ ブロックの読み取りキャッシュ、およびすべてのランダム オーバーライトのユーザ データ ブロックの書き込みキャッシュを行います。 random_read random-write admin
none ユーザ データ ブロックまたはメタデータ ブロックをキャッシュしません。 none none admin
random_read すべてのメタデータ ブロックとランダム リードのユーザ データ ブロックを読み取りキャッシュします。 random_read none advanced
noread-random_write すべてのランダム オーバーライトのユーザ データ ブロックを書き込みキャッシュします。 none random-write advanced
meta メタデータ ブロックのみを読み取りキャッシュします。 meta none advanced
meta-random_write すべてのメタデータ ブロックを読み取りキャッシュし、すべてのランダム オーバーライトのユーザ データ ブロックを書き込みキャッシュします。 meta random-write advanced
random_read_write すべてのメタデータ ブロック、ランダム リードのユーザ データ ブロック、およびランダム ライトのユーザ データ ブロックを読み取りキャッシュします。 random_read_write none advanced
random_read_write-random-write すべてのメタデータ ブロック、ランダム リードのユーザ データ ブロック、およびランダム ライトのユーザ データ ブロックを読み取りキャッシュします。ランダム オーバーライトのユーザ データ ブロックの書き込みキャッシュも行います。 random_read_write random-write advanced