Table of ContentsView in Frames

DataMotion for Volumesと重複排除機能との相互運用性

FlexVolでの重複排除によるスペース削減は、DataMotion for Volumes(volume move)処理でボリュームを移動したあとも保持されます。ボリューム移動処理がアクティブのときに重複排除処理が実行されていると、それらの処理は最終的なカットオーバーが完了する直前に終了します。

ボリューム移動の完了後は、効率化処理を前のチェックポイントから再開することはできず、最初から開始されます。

重複排除処理が実行されているFlexVolの無停止移動を試みると、重複排除処理が中断します。