Table of ContentsView in Frames

クォータ ルール、クォータ ポリシー、およびクォータとは

クォータは、FlexVolに固有のクォータ ルールで定義されます。これらのクォータ ルールはStorage Virtual Machine(SVM)のクォータ ポリシーにまとめられ、SVM上の各ボリュームでアクティブ化されます。

クォータ ルールは常にボリュームに固有です。クォータ ルールは、クォータ ルールに定義されているボリュームでクォータがアクティブ化されるまで作用しません。

クォータ ポリシーは、SVMのすべてのボリュームに対するクォータ ルールの集まりです。 クォータ ポリシーはSVM間で共有されません。1つのSVMに最大5つのクォータ ポリシーを保持できるため、クォータ ポリシーのバックアップ コピーを保持できます。 1つのSVMに割り当てられるクォータ ポリシーは常に1つです。

クォータは、Data ONTAPで適用される実際の制限、またはData ONTAPで実行される実際の追跡処理です。クォータ ルールからは少なくとも1つのクォータが必ず作成され、そのほかに多数の派生クォータが作成されることもあります。適用クォータの一覧は、クォータ レポートでのみ表示できます。

アクティブ化とは、割り当てられたクォータ ポリシーの現在のクォータ ルール セットから適用クォータを作成するよう、Data ONTAPをトリガーするプロセスです。アクティブ化はボリューム単位で実施されます。あるボリュームでのクォータの最初のアクティブ化を初期化と呼びます。以降のアクティブ化は、変更の範囲に応じて再初期化またはサイズ変更と呼びます。
注: ボリューム上のクォータを初期化またはサイズ変更すると、そのSVMに現在割り当てられているクォータ ポリシー内のクォータ ルールがアクティブ化されます。