Table of ContentsView in Frames

クォータ レポートによる特定ファイルへの書き込みを限定しているクォータの確認

特定のファイル パスを指定してvolume quota reportコマンドを実行し、どのクォータ制限がファイルへの書き込み処理に影響を与えているかを特定できます。これは、どのクォータが書き込み処理を妨げているかを把握するのに便利です。

ステップ

  1. volume quota reportコマンドを-pathパラメータを指定して実行します。

特定のファイルに影響を与えているクォータの表示例

次の例は、ファイルfile1(FlexVol vol2のqtree q1に存在する)への書き込みにどのクォータが影響を与えているかを確認するためのコマンドとその出力を示します。
cluster1:> volume quota report -vserver vs0 -volume vol2 -path /vol/vol2/q1/file1
Virtual Server: vs0
                                    ----Disk----  ----Files-----   Quota
Volume   Tree      Type    ID        Used  Limit    Used   Limit   Specifier
-------  --------  ------  -------  -----  -----  ------  ------   ---------
vol2     q1        tree    jsmith     1MB  100MB       2   10000   q1
vol2     q1        group   eng        1MB  700MB       2   70000
vol2               group   eng        1MB  700MB       6   70000   *
vol2               user    corp\jsmith
                                      1MB   50MB       1       -   *
vol2     q1        user    corp\jsmith
                                      1MB   50MB       1       -
5 entries were displayed.