Table of ContentsView in Frames

追跡クォータの使用方法

追跡クォータでは、ディスクおよびファイルの使用状況についてレポートが生成され、リソースの使用量は制限されません。追跡クォータを使用すると、クォータをいったんオフにしてからオンにしなくてもクォータのサイズを変更できるため、クォータの値の変更による中断時間が短縮されます。

追跡クォータを作成するには、Disk LimitパラメータとFiles Limitパラメータを省略します。これによりData ONTAPは、制限を課すことなく、ターゲットのレベル(ボリュームまたはqtree)でそのターゲットのディスクとファイルの使用状況を監視するようになります。追跡クォータは、showコマンドの出力とクォータ レポートで、すべての制限にダッシュ(「-」)が表示されることで示されます。

ターゲットのインスタンスすべてに適用されるデフォルト追跡クォータも指定できます。デフォルト追跡クォータでは、クォータ タイプのすべてのインスタンスの使用状況を追跡できます(すべてのqtreeやすべてのユーザなど)。 また、これを使用すると、クォータの変更を有効にする必要がある場合に、クォータの再初期化ではなくサイズ変更を使用できます。

明示的追跡クォータの例

次のコマンドでは、ユーザchenがvol1で追跡されます。

volume quota policy rule create -vserver vs1 -policy-name quota_policy_vs1_1 -volume vol1 -type user -target corp\chen -qtree ""

次のコマンドでは、グループeng1がvol1で追跡されます。

volume quota policy rule create -vserver vs1 -policy-name quota_policy_vs1_1 -volume vol1 -type group -target eng1 -qtree ""

次のコマンドでは、qtree proj1がvol1で追跡されます。

volume quota policy rule create -vserver vs1 -policy-name quota_policy_vs1_1 -volume vol1 -type tree -target proj1 -qtree ""

volume quota policy rule showコマンドでは、次の出力が表示されます。

Vserver: vs1               Policy: quota_policy_vs1_1  Volume:
                                                               vol1
  
                                                 Soft             Soft
                           User         Disk     Disk   Files    Files
  Type   Target    Qtree   Mapping     Limit    Limit   Limit    Limit  Threshold
  -----  --------  ------- -------  --------  -------  ------  -------  ---------
  user  corp\chen      ""     off          -        -       -        -          -
  group      eng1      ""     off          -        -       -        -          -
  tree      proj1      ""     off          -        -       -        -          -

デフォルト追跡クォータの例

次のコマンドでは、すべてのユーザがvol1で追跡されます。

volume quota policy rule create -vserver vs1 -policy-name quota_policy_vs1_1 -volume vol1 -type user -target "" -qtree ""

次のコマンドでは、すべてのグループがvol1で追跡されます。

volume quota policy rule create -vserver vs1 -policy-name quota_policy_vs1_1 -volume vol1 -type group -target "" -qtree ""

次のコマンドでは、vol1上のすべてのqtreeが追跡されます。

volume quota policy rule create -vserver vs1 -policy-name quota_policy_vs1_1 -volume vol1 -type tree -target "" -qtree ""

volume quota policy rule showコマンドでは、次の出力が表示されます。

Vserver: vs1               Policy: quota_policy_vs1_1  Volume:
                                                               vol1
  
                                                 Soft             Soft
                           User         Disk     Disk   Files    Files
  Type   Target    Qtree   Mapping     Limit    Limit   Limit    Limit  Threshold
  -----  --------  ------- -------  --------  -------  ------  -------  ---------
  user         ""      ""     off          -        -       -        -          -
  group        ""      ""     off          -        -       -        -          -
  tree         ""      ""     off          -        -       -        -          -