Table of ContentsView in Frames

チェックポイント オプションを使用した効率化処理の再開

volume efficiency startコマンドでチェックポイント オプションを使用して、効率化処理を再開できます。

このタスクについて

ボリュームで重複排除のみが有効になっている場合、データに対しては重複排除が実行されます。ただし、重複排除とデータ圧縮が有効になっている場合は、最初にデータ圧縮が実行され、続けて重複排除が実行されます。

ボリュームのチェックポイントの詳細は、volume efficiency showコマンドを使用して表示できます。

デフォルトでは、効率化処理はチェックポイントから再開されます。ただし、前回の効率化処理(volume efficiency start -scan-old-dataコマンドが実行されるフェーズ)に対応するチェックポイントが24時間を超過している場合、効率化処理は前回のチェックポイントから自動的には再開されません。このような場合、効率化処理は最初から開始されます。ただし、前回のスキャン以降、該当ボリュームで重要な変更が行われていないことがわかっている場合、-use-checkpointオプションを使用して、強制的に前回のチェックポイントから処理を続行できます。

ステップ

  1. volume efficiency startコマンドでチェックポイント オプションを使用して、効率化処理を再開します。

次のコマンドを実行すると、ボリュームVolAに対してチェックポイント オプションを有効にして効率化処理を再開できます。volume efficiency start -vserver vs1 -volume VolA -use-checkpoint true

次のコマンドを実行すると、ボリュームVolAに対してチェックポイント オプションを有効にして既存データに対して効率化処理を再開できます。volume efficiency start -vserver vs1 -volume VolA -scan-old-data true -use-checkpoint true