Table of ContentsView in Frames

FlexCloneボリュームと重複排除機能との相互運用性

重複排除機能はFlexCloneボリュームでサポートされています。重複排除ボリュームのFlexCloneボリュームは、重複排除ボリュームです。クローニングされたボリュームは親ボリュームの重複排除設定を継承します(重複排除スケジュールなど)。

重複排除処理中に作成されるメタデータ(フィンガープリント ファイルと変更ログ ファイル)は、クローニングされます。このメタデータは、FlexVolとアグリゲートの両方に配置されます。

クローン ボリュームで重複排除を実行した場合、クローンは重複排除されますが、親ボリュームは非重複排除のままです。

クローニングされたボリューム内のすべての新しいデータに対して手動で重複排除を実行するには、volume efficiency startコマンドを使用します。

クローン ボリュームが親ボリュームからスプリットされると、ボリューム スプリット処理のあとに、親ボリュームに含まれていたクローン内のすべてのデータの重複排除が削除されます。ただし、クローン ボリュームで重複排除を実行すると、以降の重複排除処理でデータが重複排除されます。