Table of ContentsView in Frames

ボリュームの機能

ボリュームとは、データを分割して管理するためのデータ コンテナのことです。ボリュームのタイプや関連する機能について理解することで、ストレージ効率が高く、管理しやすいストレージ アーキテクチャを設計することができます。

ボリュームは最上位の論理ストレージ オブジェクトです。物理ストレージ リソースで構成されるアグリゲートとは異なり、ボリュームは完全に論理オブジェクトです。

Data ONTAPには、FlexVolとInfinite Volumeという2種類のボリュームがあります。ボリュームには、FlexCloneボリューム、データ保護ミラー、負荷共有ミラーなどのバリエーションもありますが、すべてのバリエーションが両方のタイプのボリュームでサポートされるわけではありません。Data ONTAPの効率化機能である圧縮と重複排除は、どちらのタイプのボリュームでもサポートされます。

NAS環境ではボリュームにファイル システムが格納され、SAN環境ではLUNが格納されます。

ボリュームは1つのStorage Virtual Machine(SVM)に関連付けられます。SVMは、各種のクラスタ リソースを管理可能な1つのユニットに統合した仮想管理エンティティ(サーバ)です。ボリュームを作成するときに、関連付けるSVMを指定します。ボリュームのタイプ(FlexVolまたはInfinite Volume)はSVMの属性で決まり、変更することはできません。

ボリュームには言語があります。ボリュームの言語によって、そのボリュームの ファイル名やデータを表示するためにData ONTAPで使用される文字セットが 決まります。 ボリュームの言語は、デフォルトではSVMの言語と同じになります。

ボリュームは、ディスクやRAIDグループなどの具体的なストレージ オブジェクトに直接関連付けられているわけではなく、その物理ストレージは、関連付けられているアグリゲートによって決まります。クラスタ管理者がSVMに特定のアグリゲートを割り当てた場合、それらのアグリゲートだけが、そのSVMに関連付けられたボリュームにストレージを提供できます。 これは、ボリュームの作成時だけでなく、アグリゲート間でFlexVolのコピーや移動を行うときにも影響を及ぼします。

Infinite Volumeの詳細については、『Clustered Data ONTAP Infinite Volumes Management Guide』を参照してください。

SVMの詳細については、『clustered Data ONTAP システム アドミニストレーション ガイド(クラスタ管理)』を参照してください。

データ保護ミラーの詳細については、『clustered Data ONTAP データ保護ガイド』を参照してください。

アグリゲート、ディスク、RAIDグループなど、物理ストレージ リソースの詳細については、『clustered Data ONTAP 物理ストレージ管理ガイド』を参照してください。