Table of ContentsView in Frames

HAペアとデータ圧縮機能との相互運用性

HAペアでデータ圧縮を有効にできます。ノードの1つに障害が発生すると、別のノードがその障害ノードの処理をテイクオーバーします。テイクオーバー モードでは、稼働中のノードがデータ圧縮処理を続行します。

HAペアの詳細については、『clustered Data ONTAP ハイアベイラビリティ構成ガイド』を参照してください。