Table of ContentsView in Frames

クォータ ルールとクォータ ポリシーを管理するためのコマンド

volume quota policy ruleコマンドを使用して、クォータ ルールを設定できます。また、volume quota policyコマンドといくつかのvserverコマンドを使用して、クォータ ポリシーを設定できます。

注: 次のコマンドは、FlexVolに対してのみ実行できます。

クォータ ルールの管理用コマンド

状況 使用するコマンド
新しいクォータ ルールを作成する volume quota policy rule create
既存のクォータ ルールを削除する volume quota policy rule delete
既存のクォータ ルールを変更する volume quota policy rule modify
設定されたクォータ ルールに関する情報を表示する volume quota policy rule show

クォータ ポリシーの管理用コマンド

状況 使用するコマンド
クォータ ポリシーとそのクォータ ポリシーに含まれるクォータ ルールを複製する volume quota policy copy
新しい空のクォータ ポリシーを作成する volume quota policy create
現在Storage Virtual Machine(SVM)に割り当てられていない既存のクォータ ポリシーを削除する volume quota policy delete
クォータ ポリシーの名前を変更する volume quota policy rename
クォータ ポリシーに関する情報を表示する volume quota policy show
クォータ ポリシーをSVMに割り当てる vserver modify
SVMに割り当てられているクォータ ポリシーの名前を表示する vserver show
詳細については、各コマンドのマニュアル ページを参照してください。