Table of ContentsView in Frames

Data ONTAPによるmixed環境でのユーザIDの決定方法

ユーザがWindowsクライアントとUNIXクライアントの両方からData ONTAPストレージにアクセスする場合は、ファイルの所有権を決定するために、WindowsセキュリティとUNIXセキュリティの両方のセキュリティ形式が使用されます。Data ONTAPでは、ユーザ クォータの適用時にUNIX IDとWindows IDのどちらを使用するかを、複数の条件から決定します。

ファイルを含むqtreeまたはFlexVolボリュームのセキュリティ形式がNTFSのみまたはUNIXのみである場合、そのセキュリティ形式によって、ユーザ クォータの適用時に使用されるIDの種類が決定されます。mixedセキュリティ形式のqtreeの場合、使用されるIDの種類は、ファイルにACLが適用されているかどうかによって決まります。

次の表に、使用されるIDの種類を示します。
セキュリティ形式 ACL ACLなし
UNIX UNIX ID UNIX ID
Mixed Windows ID UNIX ID
NTFS Windows ID Windows ID