Table of ContentsView in Frames

ボリュームのアグリゲートでのスペース使用量を確認および制御する方法

アグリゲートのスペースを最も使用しているのはどのFlexVolまたはInfinite Volumeコンスティチュエントか、また具体的にボリュームのどの機能が最も使用しているのかを確認することができます。ボリュームによる占有量(包含アグリゲートでのスペースの使用量)に関する情報を確認するには、volume show-footprintコマンドを使用します。

volume show-footprintコマンドの出力には、アグリゲート内の各ボリューム(オフラインのボリュームを含む)によるスペース使用量の詳細が表示されます。このコマンドは、dfコマンドの出力にそのまま対応しているわけではなく、volume show-spaceコマンドでもaggregate show-spaceコマンドでも出力されない情報を提供します。割合の値はいずれもアグリゲートのサイズを基準とした値です。

コマンド出力には、値が0になる行は表示されません。ただし、-instanceパラメータを使用すると、スペースを使用していない無効になっている機能も含め、すべての機能の行を表示できます。表示するデータがない行については、値の欄に-が表示されます。

Infinite Volumeのコンスティチュエントは、スペース使用量コマンドの出力にはFlexVolであるかのように表示されます。

testvolという名前のボリュームに対するvolume show-footprintコマンドの出力例を次に示します。

cluster1::> volume show-footprint testvol

      Vserver : thevs
      Volume  : testvol

      Feature                                   Used    Used%
      --------------------------------    ----------    -----
      Volume Data Footprint                  120.6MB       4%
      Volume Guarantee                        1.88GB      71%
      Flexible Volume Metadata               11.38MB       0%
      Delayed Frees                           1.36MB       0%
      Total Footprint                         2.01GB      76%

次の表に、volume show-footprintコマンドの出力の主な行についての説明と、それぞれの機能によるスペース使用量を削減する方法を示します。

行 / 機能名 説明 / 行の内容 削減方法の例
Volume Data Footprint アクティブなファイルシステムのボリュームのデータに使用されている包含アグリゲート内のスペースと、ボリュームのSnapshotコピーに使用されているスペースの合計。この行の値にはリザーブ スペースは含まれません。そのため、ボリュームにリザーブ ファイルがある場合は、volume show-spaceコマンドで出力されるボリュームによる合計スペース使用量はこれよりも多い場合があります。
  • ボリュームからデータを削除します。
  • ボリュームからSnapshotコピーを削除します。
Volume Guarantee ボリュームによって以降の書き込み用にリザーブされているアグリゲート内のスペース。リザーブされるスペースの量はボリュームのギャランティ タイプによって異なります。 ボリュームのギャランティ タイプをnoneに変更します。この行が0になります。

ボリューム ギャランティをnoneにしてボリュームを構成する場合は、ストレージの可用性に与える影響についてテクニカル レポート3965または3483で確認してください。

Flexible Volume Metadata ボリュームのメタデータ ファイルに使用されているアグリゲート内のスペースの合計。 直接制御する方法はありません。
Delayed Frees パフォーマンス目的でData ONTAPで使用されていた、すぐには解放できないブロック。

アグリゲートのスペースを解放する処理は、パフォーマンスを向上させるためにバッチ方式で処理されるため、Data ONTAPがFlexVol内のブロックを解放しても、そのスペースがアグリゲートですぐに空きスペースとなるとは限りません。このような、FlexVol内で空きブロックとして宣言され、アグリゲートではまだ解放されていないブロックは、「遅延解放ブロック」と呼ばれます。

SnapMirrorのデスティネーションについては、値が0になるため、この行は表示されません。

直接制御する方法はありません。
File Operation Metadata ファイル処理メタデータ用にリザーブされているスペースの合計。

ファイル処理メタデータに使用されたスペースは、空きスペースとしてアグリゲートに戻されませんが、後続のファイル処理で再利用されます。

直接制御する方法はありません。
Total Footprint ボリュームで使用されているアグリゲート内のスペースの合計。すべての行を合計した値です。 上記のいずれかの方法でボリュームによるスペース使用量を削減します。