Table of ContentsView in Frames

Volume SnapMirrorと重複排除機能との相互運用性

Volume SnapMirrorを使用すると、ボリュームとボリューム内の論理データのサイズにかかわらず、重複排除ボリュームをレプリケートできます。

Volume SnapMirrorと重複排除を組み合わせて使用する場合は、次の点に注意する必要があります。

Volume SnapMirrorと重複排除を設定する場合は、重複排除のスケジュールとVolume SnapMirrorのスケジュールを調整する必要があります。重複排除されたボリュームのVolume SnapMirror転送は、重複排除処理の完了後に開始する必要があります。このようにスケジュールすると、重複排除されていないデータ、およびそれ以外の一時的なメタデータ ファイルがネットワークで送信されなくなります。ソース ボリューム内の一時的なメタデータ ファイルがSnapshotコピー内でロックされている場合、これらのファイルはソース ボリュームおよびデスティネーション ボリュームのスペースを追加で消費します。