Table of ContentsView in Frames

クォータ レポートを使用して有効なクォータを確認する方法

クォータ インタラクションはさまざまな方法で行われるため、ユーザが明示的に作成したクォータ以外のクォータも有効になります。現在有効なクォータを確認するには、クォータ レポートを表示します。

次に、FlexVolボリュームvol1と、このボリュームに含まれるqtree q1に適用されている各種クォータのクォータ レポートを表示する例を示します。

qtreeにユーザ クォータが指定されていない例

この例の場合、qtreeが1つ存在します(ボリュームvol1に含まれるq1)。管理者が3つのクォータを作成しました。
  • vol1に対して400MBのデフォルト ツリー クォータ制限
  • vol1に対して100MBのデフォルト ユーザ クォータ制限
  • ユーザjsmithのためにvol1に対して200MBの明示的ユーザ クォータ制限
これらのクォータのクォータ レポートは、次の抜粋のようになります。
cluster1::> volume quota report
  Vserver: vs1
                                      ----Disk----  ----Files-----   Quota
  Volume   Tree      Type    ID        Used  Limit    Used   Limit   Specifier
  -------  --------  ------  -------  -----  -----  ------  ------   ---------
  vol1     -          tree   *           0B  400MB       0       -   *
  vol1     -          user   *           0B  100MB       0       -   *
  vol1     -          user   corp/jsmith
                                       150B  200MB       7       -   corp/jsmith
  vol1     q1         tree   1           0B  400MB       6       -   q1
  vol1     q1         user   *           0B  100MB       0       -   
  vol1     q1         user   corp/jsmith 0B  100MB       5       -   
  vol1     -          user   root        0B   0MB        1       -   
  vol1     q1         user   root        0B   0MB        8       -   

クォータ レポートの最初の3行には、管理者が指定した3つのクォータが表示されます。これらのクォータのうちの2つはデフォルト クォータであるため、Data ONTAPによって自動的に派生クォータが作成されます。

4行目には、vol1のすべてのqtree(この例ではq1のみ)のデフォルト ツリー クォータから派生するツリー クォータが表示されます。

5行目には、ボリュームのデフォルト ユーザ クォータとqtreeクォータが存在するためにqtreeに作成される、デフォルト ユーザ クォータが表示されます。

6行目には、jsmithのためにqtreeに作成される派生ユーザ クォータが表示されます。このクォータが作成されるのは、qtree(5行目)にデフォルト ユーザ クォータが存在し、ユーザjsmithがそのqtree上のファイルを所有しているためです。qtree q1でユーザjsmithに適用される制限が、明示的ユーザ クォータ制限(200MB)で決定されることはありません。これは、明示的ユーザ クォータ制限がボリュームに対するものであり、qtreeの制限には影響を及ぼさないためです。qtreeの派生ユーザ クォータ制限は、そのqtreeのデフォルト ユーザ クォータ(100MB)で決定されます。

最後の2行には、そのボリュームおよびqtreeのデフォルト ユーザ クォータから派生する他のユーザ クォータが表示されます。rootユーザがボリュームとqtreeの両方でファイルを所有しているため、ボリュームとqtreeの両方のrootユーザに派生ユーザ クォータが作成されました。クォータに関してrootユーザは特別な扱いを受けるため、rootユーザの派生クォータは追跡クォータのみです。

qtreeにユーザ クォータが指定された例

この例は、管理者がqtreeにクォータを2つ追加したことを除き、先の例に似ています。

ボリューム1つ(vol1)と、qtree 1つ(q1)がまだ存在しています。管理者が次のクォータを作成しました。
  • vol1に対して400MBのデフォルト ツリー クォータ制限
  • vol1に対して100MBのデフォルト ユーザ クォータ制限
  • ユーザjsmithのためにvol1に対して200MBの明示的ユーザ クォータ制限
  • qtree q1に対して50MBのデフォルト ユーザ クォータ制限
  • ユーザjsmithのためにqtree q1に対して75MBの明示的ユーザ クォータ制限
次に、これらのクォータのクォータ レポートの例を示します。
cluster1::> volume quota report
  Vserver: vs1
                                      ----Disk----  ----Files-----   Quota
  Volume   Tree      Type    ID        Used  Limit    Used   Limit   Specifier
  -------  --------  ------  -------  -----  -----  ------  ------   ---------
  vol1     -          tree   *           0B  400MB       0       -   *
  vol1     -          user   *           0B  100MB       0       -   *
  vol1     -          user   corp/jsmith
                                      2000B  200MB       7       -   corp/jsmith
  vol1     q1         user   *           0B   50MB       0       -   *
  vol1     q1         user   corp/jsmith 0B  75MB        5       -   corp/jsmith
  vol1     q1         tree   1           0B 400MB        6       -   q1
  vol1     -          user   root        0B   0MB        2       -   
  vol1     q1         user   root        0B   0MB        1       -   

クォータ レポートの最初の5行には、管理者が作成した5つのクォータが表示されます。これらのクォータのいくつかはデフォルト クォータであるため、Data ONTAPによって自動的に派生クォータが作成されます。

6行目には、vol1のすべてのqtree(この例ではq1のみ)のデフォルト ツリー クォータから派生するツリー クォータが表示されます。

最後の2行には、そのボリュームおよびqtreeのデフォルト ユーザ クォータから派生するユーザ クォータが表示されます。rootユーザがボリュームとqtreeの両方でファイルを所有しているため、ボリュームとqtreeの両方のrootユーザに派生ユーザ クォータが作成されました。クォータに関してrootユーザは特別な扱いを受けるため、rootユーザの派生クォータは追跡クォータのみです。

次の理由から、ほかのデフォルト クォータと派生クォータは作成されませんでした。
  • ユーザjsmithは、このボリュームとqtreeの両方にファイルを所有していますが、両方のレベルですでに明示的クォータが存在するため、このユーザに派生ユーザ クォータは作成されませんでした。
  • このボリュームまたはqtreeのどちらかにファイルを所有しているユーザが存在しないため、ほかのユーザに派生ユーザ クォータは作成されませんでした。
  • qtreeにはすでにデフォルト ユーザ クォータが存在するため、このボリュームのデフォルト ユーザ クォータによってqtreeにデフォルト ユーザ クォータが作成されることはありませんでした。