Table of ContentsView in Frames

FlexCloneボリュームの使用スペースの判断

FlexCloneボリュームの使用スペースを公称サイズおよび親FlexVolと共有しているスペースに基づいて判断できます。

このタスクについて

作成時、FlexCloneボリュームはそのすべてのデータを親ボリュームと共有します。したがって、FlexVolの公称サイズは親と同じですが、アグリゲートの空きスペースはわずかしか使用しません。新たに作成されたFlexCloneボリュームが使用する空きスペースは、その公称サイズの約0.5%です。このスペースはFlexCloneボリュームのメタデータの保存に使用されます。

親またはFlexCloneボリュームのいずれかに書き込まれた新しいデータは、ボリューム間で共有されません。FlexCloneボリュームに書き込まれる新しいデータが増えるにつれて、FlexCloneボリュームがその包含アグリゲートから使用するスペースも増えます。

手順

  1. volume sizeコマンドを使用して、FlexCloneボリュームの公称サイズを確認します。
    次の例では、FlexCloneボリュームclone1の公称サイズを表示しています。
    cluster1::> volume size -volume clone1
    
    vol size: Volume "vs1:clone1" has size 200m.
    
  2. volume clone split estimateコマンドを使用して、親ボリュームとFlexCloneボリュームで共有しているスペースの量を確認します。
    次の例では、FlexCloneボリュームclone1と親ボリュームvol1で共有しているスペースの量を表示しています。
    cluster1::>  volume clone split estimate -vserver vs1 -flexclone clone1
                                 Split
    Vserver   FlexClone       Estimate
    --------- ------------- ----------
    vs1       clone1            2.34MB
    
    
  3. FlexCloneボリュームが使用する空きスペース量を判断するには、FlexCloneボリュームの公称サイズから共有スペースのサイズを引きます。