Table of ContentsView in Frames

volume quota policy rule showコマンドとvolume quota reportコマンドを使用する状況

どちらのコマンドを実行してもクォータについての情報が表示されますが、volume quota policy rule showでは設定されたクォータ ルールを迅速に表示するのに対し、volume quota reportコマンドは比較的長い時間と多くのリソースを必要とし、適用クォータとリソース使用量を表示します。

volume quota policy rule showコマンドは、次の目的で使用する場合に役立ちます。

volume quota reportコマンドは、次の目的で使用する場合に役立ちます。

注: クォータ レポート操作では、大量のリソースを消費します。クラスタ内の多数のFlexVolでこの操作を実行すると、完了するのに時間がかかることがあります。SVM内の個々のボリュームのクォータ レポートを表示する方が効率的です。