Table of ContentsView in Frames

Snapshotコピーとデータ圧縮機能との相互運用性

Snapshotコピーが作成されたあとにデフォルト モードでデータ圧縮を実行すると、Snapshotコピーによってロックされている既存のデータが圧縮されます。

Snapshotコピーはデータのブロックをロックします。これらのブロックは、Snapshotコピーが有効期限切れになるか削除されるまで解放されません。データ圧縮が有効になったボリュームでは、データのSnapshotコピーが作成されると、Snapshotが削除されるか有効期限切れになるまで、そのデータに加えられる変更は一時的にディスク スペースを余分に必要とする状態になります。