Table of ContentsView in Frames

SnapRestoreと重複排除機能との相互運用性

重複排除処理中に作成されるメタデータは、FlexVolとアグリゲートの両方に配置されます。このため、ボリュームでSnapRestore処理を開始すると、メタデータがそのボリュームにリストアされ、リストア後のデータにオリジナルのスペース削減が保持されます。

ボリューム上で重複排除が有効な場合、SnapRestore処理が完了したあと、ボリュームに書き込まれた新規データは引き続き重複排除されます。