Table of ContentsView in Frames

NDMPによるFlexCloneファイルおよびFlexClone LUNの処理

NDMPは、論理レベルでFlexCloneファイルおよびFlexClone LUNに影響を与えます。すべてのFlexCloneファイルまたはFlexClone LUNは、独立したファイルまたはLUNとしてバックアップされます。

NDMPサービスを使用して、FlexCloneファイルまたはFlexClone LUNを含むqtreeまたはFlexVolをバックアップする場合、親エンティティとクローン エンティティの間のブロック共有は維持されず、クローン エンティティは独立したファイルまたはLUNとしてテープにバックアップされます。スペースの削減は失われます。したがって、バックアップ先のテープには、拡張された分のデータを格納するための十分なスペースを確保する必要があります。リストア時には、すべてのFlexCloneファイルおよびFlexClone LUNは独立した物理的なファイルおよびLUNとしてリストアされます。ボリュームで重複排除を有効にすることで、ブロック共有のメリットを復元できます。

注: FlexVolの既存のSnapshotコピーからFlexCloneファイルとFlexClone LUNが作成されている間は、バックグラウンドのブロック共有処理が完了するまではボリュームをテープにバックアップすることはできません。ブロック共有処理の進行中にボリューム上のNDMPを使用すると、しばらく待ってから処理を再試行するように求めるメッセージが表示されます。その場合、再試行を繰り返して、ブロック共有が完了した時点でテープ バックアップ処理が実行されるようにする必要があります。

テープ バックアップの詳細については、『clustered Data ONTAP データ保護:テープ バックアップおよびリカバリ ガイド』を参照してください。