Table of ContentsView in Frames

事前定義された効率化ポリシーの概要

Data ONTAP 8.3以降では、スケジュール設定された、または手動開始のバックグラウンドのボリューム効率化処理がボリュームに設定されていなくても、インライン圧縮を実行できます。Storage Virtual Machine(SVM)を作成するときに、2つの事前定義されたポリシー(インラインのみおよびデフォルト)が自動的に作成されます。

スケジュール設定した重複排除処理をボリュームで実行するには、デフォルトの効率化ポリシーをボリュームに設定します。

スケジュール設定または手動開始によるバックグラウンドの処理を実行せずにボリュームのインライン圧縮を実行するには、インラインのみの効率化ポリシーをボリュームに設定し、インライン圧縮を有効にします。

注: インラインのみおよびデフォルトの効率化ポリシーは削除できません。

インラインのみおよびデフォルトの効率化ポリシーの詳細については、マニュアル ページを参照してください。