Table of ContentsView in Frames

クォータをアクティブ化して変更するためのコマンド

volume quotaコマンドを使用すると、クォータの状態を変更したり、クォータのメッセージ ロギングを設定したりできます。

状況 使用するコマンド
クォータをオンにする(初期化とも呼ばれる) volume quota on
既存のクォータのサイズを変更する volume quota resize
クォータをオフにする volume quota off
クォータのメッセージ ロギングの変更、クォータのオンへの切り替え、クォータのオフへの切り替え、または既存のクォータのサイズ変更を行う volume quota modify
詳細については、各コマンドのマニュアル ページを参照してください。