Table of ContentsView in Frames

データ圧縮機能の仕組み

データ圧縮を使用すると、より多くのデータをより少ないスペースに格納できます。さらに、データ圧縮により、Volume SnapMirrorの転送中にデータの複製に必要な時間と帯域幅が削減されます。データ圧縮により、通常のファイルやLUNのスペースを節約できます。

ただし、ストレージ システム内部のファイル、Windows NTストリーム、およびボリューム メタデータは圧縮されません。

データ圧縮機能では、連続するブロックの小規模なグループ(圧縮グループとも呼ばれます)を圧縮します。データ圧縮は次の方法で実行されます。

インライン圧縮とポストプロセス圧縮の両方が有効になっている場合、ポストプロセス圧縮はインライン圧縮が実行されないブロックのみを圧縮します。対象となるのは、少量かつ部分的な圧縮グループの上書きなど、インライン圧縮で省略されたブロックです。

Infinite Volumeでの圧縮の詳細については、『Clustered Data ONTAP Infinite Volumes Management Guide』を参照してください。