Table of ContentsView in Frames

派生クォータの機能

明示的クォータ(特定のターゲットを指定したクォータ)によってではなく、デフォルト クォータによって適用されるクォータを、派生クォータと呼びます。

派生クォータの数と場所は、クォータ タイプによって異なります。

派生クォータの設定(限度とユーザ マッピングを含む)は、対応するデフォルト クォータの設定と同じです。たとえば、ボリュームに20GBのディスク制限が適用されるデフォルト ツリー クォータの場合、そのボリュームのqtreeに20GBのディスク制限が適用される派生ツリー クォータを作成します。デフォルト クォータが追跡クォータ(制限が指定されていない)であれば、派生クォータも追跡クォータになります。

派生クォータを確認するには、クォータ レポートを生成します。このレポートで、派生ユーザ クォータまたは派生グループ クォータは、ブランクまたはアスタリスク(*)のクォータ指定子で示されます。しかし、派生ツリー クォータにもクォータ指定子が示されます。派生ツリー クォータを確認するには、そのボリューム上で同じ制限が適用されるデフォルトのツリー クォータを探す必要があります。派生クォータは手動で設定されたクォータ ルールではないため、派生クォータはquota policy rule showコマンドの出力には表示されません。

明示的クォータは、派生クォータと次のように連動します。