Table of ContentsView in Frames

スペースが最適化されたFlexCloneファイルおよびFlexClone LUNの作成例

Data ONTAP 8.3以降では、フラクショナル リザーブが0に設定されたFlexVolに、スペース リザベーションが有効なファイルおよびLUNのクローンを追加スペースなしで作成できます。ここでは、その作成例を示します。また、スペースが最適化されたクローンがサポートされないシナリオについても説明します。

スペース リザベーションを有効にしてFlexCloneファイルを作成する例

フラクショナル リザーブが0に設定されたFlexVolに、ギャップのない状態で100GBのファイルのクローンを作成するとします。このファイルではスペース リザベーションが有効になっており、FlexCloneファイルでも有効になります。

file1_sourceのクローンとして、file1_cloneという名前のFlexCloneファイルを作成する例を次に示します。スペース リザベーションは指定しません。結果、作成されたFlexCloneファイルにはソース ファイルと同じスペース リザベーション設定(有効)が継承されます。

cluster1::> volume file clone create -vserver vs0 -volume vol1 -source-path /file1_source -destination-path /file1_clone

Data ONTAP 8.3以降では、一時的な追加スペースなしでFlexCloneファイルを作成できます。以前のリリースでは、フラクショナル リザーブが0に設定されたFlexVolに、スペース リザベーションが有効なファイルからスペース リザベーションが有効なFlexCloneファイルを作成する場合、元のファイルが100GBであるとすると、少なくとも200GBのスペースが必要でした。この追加スペースは、FlexCloneファイルおよびFlexClone LUNのスペースが最適化されたことで不要になりました。

スペース リザベーションを無効にしてFlexCloneファイルを作成する例

フラクショナル リザーブが0に設定されたFlexVolに、ギャップのない状態で100GBのファイルのクローンを作成するとします。このファイルではスペース リザベーションが有効になっていますが、FlexCloneファイルに対しては無効にします。

file1_sourceのクローンとして、file1_cloneという名前のFlexCloneファイルをスペース リザベーションを無効にして作成する例を次に示します。

cluster1::> volume file clone create -vserver vs0 -volume vol1 -source-path /file1_source -destination-path /file1_clone -no-reserve

Data ONTAP 8.3以降では、一時的な追加スペースなしでFlexCloneファイルを作成できます。以前のリリースでは、フラクショナル リザーブが0に設定されたFlexVolに、スペース リザベーションが有効なファイルからスペース リザベーションを無効にしてFlexCloneファイルを作成する場合、元のファイルが100GBであるとすると、少なくとも100GBのスペースが必要でした。この追加スペースは不要になりました。

スペースが最適化されたクローンがサポートされないシナリオ

スペースが最適化されたクローンがサポートされないシナリオを次に示します。