Table of ContentsView in Frames

重複排除とFlexCloneファイルおよびFlexClone LUNとの相互運用性

データ ブロックの物理ストレージ スペースは、重複排除が有効なボリュームで親ファイルのFlexCloneファイルまたは親LUNのFlexClone LUNを作成することによって効率的に使用できます。

FlexCloneファイルおよびFlexClone LUNで使用されるブロック共有メカニズムは、重複排除でも使用されます。ボリュームでの重複排除を有効にし、重複排除が有効になったボリュームをクローニングすると、FlexVolで最大限のスペースを節約できます。
注: 重複排除が有効なボリュームに対してsis undoコマンドを実行している間、そのボリュームに存在する親ファイルと親LUNのFlexCloneファイルとFlexClone LUNは作成できません。