Table of ContentsView in Frames

FlexCloneボリュームとデータ圧縮機能との相互運用性

FlexCloneボリュームを親ボリュームからスプリットした場合、新しいボリュームは親ボリュームのデータ圧縮属性を継承します。継承された属性によって、重複排除、ポストプロセス圧縮、およびインライン圧縮が有効かどうかが示されます。親ボリュームでのスペース削減は、新しいボリュームに継承されます。

親ボリュームで展開処理がアクティブなときにFlexCloneボリュームを作成すると、展開処理はクローン ボリュームでは実行されません。