Table of ContentsView in Frames

スケジュールを使用した効率化処理の実行

volume efficiency modifyコマンドを使用して、FlexVolまたはInfinite Volumeに対する重複排除やデータ圧縮処理のスケジュールを変更できます。スケジュールおよびボリューム効率化ポリシーの設定ポリシーは相互に排他的です。

ステップ

  1. volume efficiency modifyコマンドを使用して、ボリュームに対する重複排除またはデータ圧縮処理のスケジュールを変更します。

次のコマンドは、VolAの効率化処理が月曜日から金曜日の午後11時に実行されるようにスケジュールを変更します。volume efficiency modify -vserver vs1 -volume VolA -schedule mon-fri@23