Table of ContentsView in Frames

データ保護FlexCloneボリュームの概要

FlexCloneテクノロジを使用して、SnapVaultセカンダリ ボリュームとして使用されるデータ保護ボリュームのスペース効率の高いコピーを作成できます。データ保護FlexCloneボリュームは、プライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームの間にSnapVault関係を確立する元のSnapshotコピーに基づいて作成されます。

データ保護FlexCloneボリュームと読み書き可能なFlexCloneボリュームは、どちらも親のFlexVolと共通のブロックを共有しているという点でよく似ています。ただし、データ保護FlexCloneボリュームを作成する親のFlexVolは、セカンダリSnapVaultボリュームでもある必要があります。さらに、データ保護FlexCloneボリュームは親ボリュームからスプリットすることはできません。

SnapVault関係のボリュームの詳細については、『clustered Data ONTAP データ保護ガイド』を参照してください。