Table of ContentsView in Frames

FlexCloneボリュームの作成

ディスク スペースをあまり使用せずにデータ コピーを瞬時に作成する必要がある場合は、データが含まれる親FlexVolからFlexCloneボリュームを作成できます。親ボリュームのタイプに応じて、読み書き可能FlexCloneボリュームまたはデータ保護FlexCloneボリュームを作成できます。

始める前に

このタスクについて

ステップ

  1. volume clone createコマンドを使用して、FlexCloneボリュームを作成します。
    注: 読み書き可能なFlexCloneボリュームの作成時には、ベースのSnapshotコピーを指定する必要はありません。クローン作成のベースのSnapshotコピーを特に指定しない場合、Data ONTAPによってSnapshotコピーが作成されます。ただし、データ保護FlexCloneボリュームを作成する場合には、ベースのSnapshotコピーを指定する必要があります。