Table of ContentsView in Frames

重複排除の使用に関するガイドライン

重複排除は、FlexVolまたはInfinite Volumeで実行される場合にはシステム処理として実行され、システム リソースを消費します。

ボリューム内のデータの変更頻度が高くない場合は、重複排除の実行頻度を低くすることを推奨します。ストレージ システムで複数の重複排除処理を同時に実行すると、システム リソースの消費量が増加します。最初は同時に実行する重複排除処理を少なくしておくことをお勧めします。重複排除処理の同時実行数を段階的に増やしていくと、システムへの影響を把握できます。

注: 重複排除を有効にしている場合、ボリュームの論理データ制限に近いサイズのボリュームを複数使用しないことを推奨します。