Table of ContentsView in Frames

FlexVolを備えたSVMでのクォータの設定

FlexVolを備えた新しいStorage Virtual Machine(SVM、旧Vserver)でクォータを設定するには、クォータ ポリシーを作成してクォータ ポリシー ルールをポリシーに追加し、このポリシーをSVMに割り当て、SVM上の各FlexVolでクォータを初期化する必要があります。

手順

  1. -instanceオプションを指定してvserver showコマンドを使用し、SVMの作成時に自動的に作成されたデフォルトのクォータ ポリシーの名前を表示します。
    SVMの作成時に名前が指定されなかった場合、名前は「default」です。 vserver quota policy renameコマンドを使用すると、デフォルトのポリシーに名前を指定できます。
    注: volume quota policy createコマンドを使用して、新しいポリシーを作成することもできます。
  2. volume quota policy rule createコマンドを使用し、SVM上の各ボリュームに次のいずれかのクォータ ルールを作成します。
    • すべてのユーザに対するデフォルトのクォータ ルール
    • 特定のユーザに対する明示的クォータ ルール
    • すべてのグループに対するデフォルトのクォータ ルール
    • 特定のグループに対する明示的クォータ ルール
    • すべてのqtreeに対するデフォルトのクォータ ルール
    • 特定のqtreeに対する明示的クォータ ルール
  3. volume quota policy rule showコマンドを使用して、クォータ ルールが正しく設定されているかどうかを確認します。
  4. 新しいポリシーを使用する場合は、vserver modifyコマンドを使用して新しいポリシーをSVMに割り当てます。
  5. volume quota onコマンドを使用してSVM上の各ボリュームでクォータを初期化します。
    初期化処理は、次の方法で監視できます。
    • volume quota onコマンドを使用する場合、-foregroundパラメータを追加すると、フォアグラウンドのジョブでクォータを実行できます (デフォルトでは、このジョブはバックグラウンドで実行されます)。

      バックグラウンドでジョブが実行される場合、job showコマンドを使用すると進行状況を監視できます。

    • volume quota showコマンドを使用すると、クォータの初期化のステータスを監視できます。
  6. volume quota show -instanceコマンドを使用して、初期化できなかったクォータ ルールなどの初期化のエラーを確認します。
  7. volume quota reportコマンドを使用してクォータ レポートを表示し、適用クォータが予想どおりの状態かどうかを確認します。