Table of ContentsView in Frames

lsコマンドによるスペース使用量の表示

lsコマンドを使用して、UNIXクライアントにマウントされているFlexVolの内容を表示する場合、出力に表示されるファイル サイズは、ファイルのデータ ブロック タイプに応じて、そのボリュームのクォータ レポートに表示されるスペース使用量よりも増減することがあります。

lsコマンドの出力には、ファイル サイズのみが表示され、 ファイルによって使用される間接ブロックは含まれ ません。ファイルの空ブロックも、コマンドの出力に含まれます。

したがって、空ブロックがないファイルの場合、lsコマンドによって表示されるサイズは、クォータ レポートのディスク使用量より少なくなる可能性があります。これは、クォータ レポートに間接ブロックが含まれるためです。反対に、ファイルに空ブロックがある場合、lsコマンドで表示されるサイズは、クォータ レポートの ディスク使用量より多くなる可能性があります。

lsコマンドの出力には、ファイル サイズのみが表示され、 ファイルによって使用される間接ブロックは含まれ ません。ファイルの空ブロックも、コマンドの出力に含まれます。

lsコマンドとクォータ レポートにおけるスペース使用量の違いの例

次のクォータ レポートには、qtree q1の制限が10MBであると表示されています。
                                      ----Disk----  ----Files-----   Quota
  Volume   Tree      Type    ID        Used  Limit    Used   Limit   Specifier
  -------  --------  ------  -------  -----  -----  ------  ------   ---------
  vol1     q1          tree    user1   10MB  10MB        1       -   q1

...
UNIXクライアントからlsコマンドを使用して表示した場合、次の例のように、同じqtree内のファイルのサイズがクォータ制限を超えることがあります。
[user1@lin-sys1 q1]$ ls -lh
-rwxr-xr-x  1 user1 nfsuser  27M Apr 09  2013 file1